溶連菌感染症とは

溶連菌は、咽頭炎や伝染性膿痂疹、肛門周囲皮膚炎の原因になります。小児科医の診察で疑われた場合は、診断には迅速検査キットが非常に有効です。
A群β溶血性連鎖球菌という細菌が感染することが原因です。感染部位は鼻粘膜、咽頭粘膜、扁桃腺などの上気道であることが一般的です。感染経路は、咳や唾液などによる飛沫感染が多いです。5歳から15歳のお子さんに発症することが多く、保育園や幼稚園、学校などの集団生活で流行することがあります。また、成人も感染することがあります。
溶連菌感染症は、溶連菌の作る毒素により急性期に多彩な症状がでます。また、急性糸球体腎炎やリウマチ熱、アレルギー性紫斑病といった病気の原因にもつながることもあるので注意が必要です。

症状

感染し潜伏期を数日おいて、幼児や学童児では発熱、咳、のどの痛みから発症することが多く見受けられ、頭痛、倦怠感、食欲不振、腹痛などの症状が伴うこともあります。
そうした風邪に類似した症状からはじまりますが、のどの痛みを強く訴えることが多いことが特徴です。
年長児では頭痛の訴えも多くみられますが、こうした場合、咽頭の所見としては咽頭粘膜の赤みが非常に強く、点状出血を伴っていることがあります。

また苺舌という、舌の表面に鮮やかな赤みのブツブツも見受けられます。
扁桃腺が腫れ、かつ白色から黄色がかった膿のようなものが付着していることもあります。
さらに首のリンパ節が腫脹することもあります。
発熱、のどの痛みから1~2日経過して、胸や腹部、腕や太腿に細かな赤みを伴う1~3㎜程度の発疹が出現してくる場合があり、この皮疹はかゆみを伴う場合もあります。
抗生剤内服の治療により発熱、咽頭痛、皮疹といった症状は1~2日で速やかに消失しますが、掌や足の裏などでは、皮膚落屑という、細かい屑となって表面の皮膚が剥がれる症状が見られます。発疹があまりひどくなければ、この症状はごく軽いか、認めないこともあります。また、咽頭の発赤や舌の赤みは比較的速やかに消えても、苺舌は数週間残ることが多いです。

なお、3歳未満の乳幼児では、溶連菌感染に対する免疫反応や、溶連菌毒素による皮膚所見などが、前述の症状のように典型的に現れない場合が多いとされ、発熱や咳、鼻汁、哺乳不良、元気がないなどの非特異的な症状を示します。

皮膚症状として、水ぶくれがのちに膿(うみ)をもつようになり、かゆみを伴うため引っ掻いてひろがる「とびひ」、全身に赤い細かな点状発赤が集まって発生し日焼けのような皮膚となる「猩紅熱」や、皮膚の浅い部分に炎症をおこした「丹毒」、皮膚の深いところにおこす「蜂窩織炎」などがみられます。
皮膚ですと、とびひや、蜂窩織炎、丹毒といった病態をとります。
また体の深部への感染では、数年前に患者さんが続発して問題となった、壊死性溶連菌感染症や、さらに敗血症や髄膜炎といった全身感染症では、急激に呼吸循環不全に陥る危険性の高い、劇症型溶連菌感染症といった病態をとることもあります。

検査と診断

一般の呼吸器感染症としての溶連菌感染症は、上記の症状に加え、地域での流行状況などから疑います。症状があまりに典型的であれば、それだけで診断がつくと思われます。
疑わしい場合は、溶連菌抗原検出キットがあるので、短時間での診断が可能ですが、菌や抗原の量が少ないと陰性にでることがあるので注意が必要です。
また、血液検査で溶連菌に対する抗体を測定することができますが、溶連菌感染後の合併症などの診断の際、数週間~数カ月以内での溶連菌感染の有無を判断するために、とくに有効とされています。
皮膚などの感染では、膿や浸出液などの培養で溶連菌感染を確定します。

治療

治療は抗生物質の服用となり、これにより熱は1~2日で下がり、発疹も軽快、のどの痛みも1週間以内でおさまります。その後、指先の皮膚が、じゃがいもの皮のようにむけてきますが、ほとんどは3週間程度でおさまります。

3才以下の子どもが溶連菌に感染した場合、熱や発疹は出なくて、単なるのど風邪症状になることも少なくありません。3才以下の子どもは、リウマチ熱の合併はほとんどないので自然によくなるのであれば、そのまま様子をみても構いません。ウイルスによる咽頭炎や扁桃炎とも、見分けにくいものです。咽頭から溶連菌が検出されたり、血液検査で溶連菌感染症と判明したりしたら、きちんと治療を受ける必要があります。

細菌による感染なので、治療には抗生物質が有効です。薬を飲めば症状は2~3日でよくなっていきますが、溶連菌感染症の場合、処方された抗生物質の量や回数を守って、服用することが大切です。

発熱や発疹がおさまっても、それで完全に体から細菌が消えたわけではありません。処方された抗生物質を、最後まで、きちんと指示どおりに飲むことが大切です。症状が消えたからといって、自己判断で薬の飲み方を変えたり、薬をやめたりしないようにしてください。

また、治癒後に急性糸球体性腎炎や、高熱と関節の痛みといった症状が出る、リウマチ熱、アレルギー性紫斑病などの合併症を起こしてくることもあります。リウマチ熱の合併を防ぐためにも、医師の許可が出るまで抗生物質を10日ほど飲み続ける必要があります。
溶連菌治癒後、3~4週間後に尿の色がウーロン茶のような褐色になることがあります。その際は、急性糸球体性腎炎の可能性もあるので、受診するようにしましょう。

注意点

発熱症状がある時期は、周囲の人々への感染を防ぐ意味で、保育園、幼稚園や学校はもとより、人中にも出さない注意が必要です。
また感染経路は、飛沫感染と言って咳やくしゃみによる体液が他人の粘膜に付着し、感染します。自宅でも兄弟姉妹、とくに乳児などへ感染しないよう隔離が必要な場合もあります。

おおたかの森こどもクリニック
04-7156-2225
院長
森川哲行
診療内容
一般小児科外来、アレルギー外来、便秘・夜尿症外来、予防接種、乳幼児健診、風邪症候群、インフルエンザ、マイコプラズマ肺炎、溶連菌感染症、胃腸炎 
住所
〒270-0139 
千葉県流山市おおたかの森南1-4-11
ウェルスおおたかの森2F
最寄駅
つくばエクスプレス・流山おおたかの森駅 徒歩1分
…一般小児外来 …予防接種 …乳幼児健診 …便秘・夜尿症外来 …アレルギー外来
【休診日】日曜日・祝日
診療時間 日祝
午前診療
9:00~12:30

9:00~11:00

9:00~12:30

9:30~13:00

9:00~11:00

9:00~12:30
予防接種
11:00~12:30
14:00~16:00

11:00~12:30
14:00~16:00

14:00~17:30
午後診療
14:30~19:00

16:00~19:00

14:30~19:00

14:30~17:30

16:00~19:00