MENU※タップして開く
logo logo
WEB診療予約
当日 6:30~
予防接種
60日前~
  • ウェブ予約はこちら
  • インフルエンザ予防接種 予診票ダウンロード
  • B型肝炎自費予診票
  • ロタウィルス予防接種 予診票ダウンロード
  • 問診票ダウンロード

患者の気持ち-おおたかの森こどもクリニック

おおたかの森駅南口から徒歩3分です。
当院の専用駐車場はございません。近隣の駐車場をご利用下さい。

ロタテック ロタリックス

お知らせ

 記事のタイトルをクリックすると内容が表示されます。

インフルエンザワクチンについて

9/17現在、インフルエンザワクチンの追加入荷が決まりました。11/3、11/8、11/15、および10月、11月の月・水の14:30-15:00に予約枠を追加します。

予約はウェブで、9/23、8時から受付開始です。申し訳ありませんが、当院を受診したことのある、12歳の方までとさせていただいています。

ご希望の方は。できる限り2回分一緒に予約して下さい。1回目の予約しか取れなかった場合は、2回目のワクチンが確保されていないことをご了承願います。11月中旬にはワクチンの追加納入があるとのことなので、それ以降、順次、追加枠を設けます。体調などでのキャンセルも出ます。前日まで予約可能ですので、チェックしてみて下さい。

生後6ヶ月から接種できます。1才過ぎの、特に保育園に行っているお子さんには、受けておくことをお勧めしています。他のワクチンとの同時接種も引き続きウェブ予約できます。同時接種は初診の方(12歳未満とさせていただいています)もウェブで仮番号を取得すると予約できます。ちょうど1歳のお誕生日を迎える方は、インフルエンザを加えて4種類のワクチンの同時接種ができます。B型肝炎ワクチンが未接種の方は、インフルとのセット割引料金を設定していますので、予防接種の時間で予約を入れて下さい。

今後の診療について、およびインフルエンザワクチン予約について

9月5日現在、
心配していた日本国内での第2波は収束してきたようで、新学期も始まりました。
診療のウェブ予約の中止を行わずに済んで、ほっとしています。

致死率が、8月の1カ月間の症例では、全年齢で0.9%、70歳以上では8.1%と、第1波の時と比べて明らかに低下しています。しかし、ウイルスの変異が悪い方向に進む可能性も考えられ、油断はできません。

全世界的には、いまだに患者数は増え続けており、流行地域からの人々の移動によって、日本国内の流行の波はまた来るのでしょう。


今後のコロナの流行については、本当に予測できません。
風邪コロナ感染症が秋冬に流行することから、新型コロナにも季節性があるのでは、と推測されています。人コロナには7種類、風邪コロナウイルス4種類、新型コロナウイルスCOVID-19と、SARS、MERS原因ウイルスです。風邪の10~15%(流行期35%)は4種の風邪コロナウイルスが原因で、冬季に流行のピークが見られます。

秋冬に流行するなら、南半球はどうなるだろう、と思って、オーストラリア・ニュージーランドの流行状況に注目してきましたが、大流行は起こらずに南半球はそろそろ春を迎えます。特にニュージーランドでは、感染者数は累計1,413人(人口488万人)に留まり、アーダーン首相による、思い切った早期オークランドのロックダウンが奏功しています。

今後、日本国内では、小さなクラスターがいたるところで起こるでしょう。

意外と大丈夫かもしれない、と思ったりしますが、それは日本人が感染拡大に力を尽くした場合で、のんびりしていたら、さらに大きい波が始まるかもしれません。

当分、診療のウェブ予約は続けてみます。かかりつけの方は、みなさん症状によって受診を自粛して下さっています。ありがとうございます。発熱・咳嗽がみられる時は、すぐの受診は見合わせて、電話で相談していただけますようお願い致します。また、必要なワクチンは今のうちに済ませておきましょう。

インフルエンザワクチン+他のウイルスの同時接種のウェブ予約を、平日の予防接種の時間で受付けています。土曜日も予約可能ですが、日本脳炎+インフルエンザワクチンが20人集中した日もあり、0歳、1歳のこどもたちの接種時間を確保するために、土曜日の日脳の人数を一部制限させていただいています。日曜日のインフル単独接種を、密の防止のため、例年の半分の人数にしぼっているため、現在、ワクチンの本数には、若干のゆとりがあります。今後の入荷状況によっては、インフル単独接種枠を、11月の日曜日を小児科医2人体制にして接種人数を増やしたり、10月11月の平日の予約枠を追加していきます。追加予約枠は12歳までのお子さんを優先させていただく予定です。どうぞご了承願います。またこちらでお知らせ致します。これまでに予約していただいた方は、もちろん、いつものように家族みんなで来て下さい!


世界の新規感染者数推移

★★こどもクリニックからの重要なお知らせです。

7月21日現在、全国の新型コロナウイルス感染者増加が止まりません。

こどもクリニックでは、

安全か、自由か、
健康か、経済か、という全世界の命題に対しまして、

「安全・安心な医療」を提供し続けることを優先することにします。


今後のコロナ流行状況を見て、
診療のウェブ予約を中止します。中止時期はまたこちらでお伝えします。
ワクチンは今まで通りウェブ予約できます。
ワクチンの時間枠を、午前中や他の曜日にも広げる予定です。


8月8日現在は、ウェブで1週間先までの予約が取れるようになっています。
普通のコロナウイルスは、今までも普通の風邪ウイルスとして、例年秋冬に流行してきたので、新型コロナウイルスが同様の季節性を持つならば、本格的流行は10月以降、と院長は考えていました。しかし、すでに、さらなる対策を講じる時期に来ていると思います。


★★★今後、一般診療のウェブ予約を中止した場合★★★
受診希望の方は電話で予約を受け付けます。
朝できるだけ早くから、院長が電話対応したいと考えています。
定期処方薬、外用薬などは前日までの事前予約も受け付けます。

発熱などの症状がある時は来院しないようにして下さい。
喘息・便秘など、症状が安定している場合は、お家の方だけの来院でもOKです。
症状メモをお持ちください。
皮膚症状は、写真で見せていただいても大丈夫です。


発熱・咳嗽・嘔吐などの、感染症疑いの症状で、
インフル・コロナなどの検査が必要と思われる場合には、
はじめから大きな病院を受診していただけますようお願い致します。


当院かかりつけの方で、鼻づまりが苦しい、咳込んでかわいそうなどで、いつもの風邪薬が欲しいかた、お熱があるけれど、解熱剤で対応して家で様子を見たい方などは、
お家の方に来院いただければ、処方致します。まず電話で相談して下さい。
赤ちゃんの予防接種後の発熱など副反応と思われる場合には、電話してから連れてきていただいて大丈夫ですので、ご安心下さい。


かわいい子どもたちに来てもらった方が、ずっと良い診療ができます。

でも、もし、発熱・咳などで来院された方の誰かが、後日コロナと診断されたら、と思うと、とても心配です。消毒・換気・スタッフの健康管理も徹底していますが、院内感染を防ぎ、安心して来院していただくためには、今だけの特別な方法が必要でしょう。


こどもたちはACEII受容体が少ないから、新型コロナウイルスに感染しずらく、重症化しにくい、と言われています。どうぞ、心配しすぎないようにお願いします。

今後、地域に流行が広がってきても、このまま学校・保育園生活を存続をさせ、日常生活を送るには、

罹患しない(3密をさけ、換気に心がけ、手洗い消毒マスクなど予防措置の励行)、
普通の風邪も、他の人にうつさない、
風邪症状が出た時点で、保育園などの集団生活を自粛する、
複数の医療機関のはしごをしない、自宅で様子をみられる場合には夜間救急外来を受診しない、
スーパーは空いた時間に行く、
その他、個人個人ができることはたくさんあるでしょう。

みんなで協力してこの局面を乗り切りましょう。

インフルエンザワクチン予約のお知らせ(9/1時点で予約いっぱいになりました)

9月1日インフルエンザワクチンのウェブ予約受付を開始したところ、予約が集中し、半日で設定しておいた予約枠がいっぱいになってしまいました。

3密を防ぐために、日祝日は単位時間当たりの来院人数を少なめに設定しています。平日にも予約枠を設けたのですが、そちらもいっぱいです。個別のお電話には対応しかねます。大変申し訳ありません。

他のワクチンとの同時接種は、引き続き予約いただけます。現在10/5以降で予約できますが、今後、ワクチンの入荷状況によっては、人数を制限させていただく可能性があります。60日先まで予約でき、初診の方もウェブ予約していただけます。他のワクチンを選んでから、同時接種のワクチンにインフルエンザを選んで下さい。この場合、インフルエンザワクチン2回目の接種は保障されないことをご了承願います。どのワクチンとの組み合わせでも予約可能です。年齢・回数によらず、1回3,800円(税込)です。

当院が開院した6年前には、B型肝炎ワクチンがまだ自費接種だったので、受けていない方もいます。10歳までに受けた方が抗体が付きやすいと言われていて、今回インフルと一緒に接種される方に、★★セット割★★で接種をお勧めすることにしました。インフル+B型肝炎(1回6,500円)、4週間隔で2回、さらに20週後に3回目のB型肝炎ワクチンを受けます。3回目のB型肝炎ワクチンは税込5,500円となります。ウェブ予約は10歳未満のお子さんとさせていただいています。予約システムに不備があり、1歳以上のB型肝炎予約が入力不可になっており、ご迷惑をおかけしました。HPからB型肝炎の問診票をダウンロードできるので、自宅で問診票を記入し、体温も測定し体調がOKなことを確認し、母子手帳も忘れずに持って、来院して下さい。


診療・ワクチンとも、院内混雑緩和のため、単位時間あたりの予約数を少なめに設定しています。予防接種は、診療と重ならない時間帯で午前中の予約枠も設けてあります。

診察希望の方は、症状メモを持ってきて下さい。喘息の定期処方薬などは、症状が落ち着いていれば、お家の方だけ来院いただければ処方致します。事前ウェブ予約は、8/29現在1週間先まで予約可能に設定しています。できる限り時間通りに来院していただけますようお願い致します。

学校など集団生活の再開から2週間たちました。

都内では連日20人以上の新規感染者の報告がありますが、ステップ3に移行しました。海外渡航者からの感染増加が懸念されていますが、今のところ大規模なクラスター発生や、学校での集団感染の報告はなく、とりあえずほっとしています。どうぞこのまま、学校・幼稚園・保育園生活が続きますように。今日6/13土曜日、ショッピングセンター3階にランチで行きましたが、各店舗とも行列ができて、以前の賑わいを取り戻していました。

こどもクリニックでは、粛々と日々の仕事を続けています。0歳の時から当院でワクチン・診療を続けていたこどもたちが、年長さんになり、MRワクチン2回目で顔を見せに来てくれて、嬉しい限りです。

またみんな、会いに来て下さいね。

常勤事務スタッフが新しく来てくれました。

2019年4月から、新しい事務スタッフが加わってくれて、雰囲気が少し変わりました。
ホームページ、トップページの写真をご覧ください。4月から来てくれた事務さんがいます! わかりますか?小児科医の三輪先生も笑っています。

診療の質を上げることができるよう、がんばります!

生後2か月からのワクチンスタート

まだ小さい赤ちゃんたちを、いろいろな病気から守るワクチン、必要なワクチンを早い時期に受けさせてあげましょう。細菌性髄膜炎の発生は生後2か月から急増し、生後6~8か月でピークを迎えます。ヒブ・肺炎球菌ワクチンの3回の接種は同時接種の場合は生後4~5か月で完了しますが、単独や2本までの同時接種の方では生後5~8か月以降にずれ込みます。免疫獲得が1か月遅れると30~50人の重症細菌性髄膜炎が増え、2か月遅れるとその倍以上増えると報告されています。
初めてのワクチンが生後2か月すぐに予約が入れられない方は、お電話下さい。優先して予約をお取りします。

2014.11.17 流行中のRSウイルス感染症について

●今年は9月末からRSウイルス感染症の流行が始まり、細気管支炎を起こして入院治療が必要になる子が何人かいました。RSウイルス感染症は2歳までにほとんどの子どもたちがかかります。重症化するのは1歳以下の小さい子どもたちです。みずぼうそうなどと違って、終生免疫はできず、数回かかることがあります。

●現在、流山市内では、水痘・おたふくかぜ・溶連菌感染症の流行も続いています。

●これからの季節は、(おなかの風邪、ウイルス性急性胃腸炎などとも呼ばれます)やインフルエンザが増えてくると思われます。規則正しい生活、マスク・うがい・手洗いなどに心がけ、寒い季節を乗り切りましょう。

●予防接種の時、子どもたちが泣かないようにと、いろいろな声掛けを試みています。一番成功率が高いのが、「10数えてる内に終わるよ~」なんですが、先週ワクチンを受けに来てくれた子のお母さんが、「この子、お家でも自分で予防接種ごっこしてるんです、1・2・3・4・5・~10、って。」とのこと(*'▽')。嬉しかったです。

こどもたちの健康を守るために

いつも笑顔で

チームワークを大切に


安心な

心のこもった医療


診療時間

診療時間表

コロナ対策として、安全・安心な医療を提供することを優先し、診療のウェブ予約を中止し、すべての時間帯で予防接種・健診を行う予定です。

現在、午前中や、その他の曜日にも、予防接種の時間を設けております。
診療のお子さんとは時間を分けているのでご安心下さい。初めての方もウェブ予約可能です。

ページトップへ