MENU※タップして開く
logo logo
WEB診療予約
当日 6:30~
予防接種
60日前~
  • ウェブ予約はこちら
  • インフルエンザ予防接種 予診票ダウンロード
  • B型肝炎自費予診票
  • ロタウィルス予防接種 予診票ダウンロード
  • 問診票ダウンロード

患者の気持ち-おおたかの森こどもクリニック

おおたかの森駅南口から徒歩3分です。
当院の専用駐車場はございません。近隣の駐車場をご利用下さい。

ロタテック ロタリックス

お知らせ

 記事のタイトルをクリックすると内容が表示されます。

コロナ感染者増加への対応策、1歳半・3歳健診について

11/14現在、残念なことに、全国的に新型コロナ感染者が増加しています。

クリニックは、大きな病院と違って、スペースが狭い、感染対策用の隔離室が最小限しかないなど、小さなレストラン同様、ソーシャルディスタンスが取りにくい構造となっています。

予防接種・乳児健診と、すでに予約をいただいている日曜日のインフルエンザワクチンや乳児健診は、予定どおり行います。日曜日のインフルエンザワクチンは、入口で院内の人数制限をしますので、外で待てるように暖かい服装で来て下さい。11/13金曜日は、予防接種の時間に、少し遅れて来た方、早く来てしまった方が重なり、最大で45分の待ち時間が生じてしまいました。待ち時間がなくスムーズに接種が行えるように、時間通りの来院をお願いします。予診票を自宅で記入してきて下さい。母子手帳も忘れずにお持ち下さい。

発熱・咳嗽などの診療は、予約の人数を少なく設定して、できる限り院内での接触を減らします。マスク着用お願い致します。できない小さいお子さんは、咳やくしゃみが飛ばないように、口元をハンカチで覆うようにして下さい。便秘、喘息、皮膚のお薬などは、発熱の方が来ない、予防接種などの時間での診療を受け付けます。事前に電話で予約して下さい。

1階のそうごう薬局では、お薬が出来上がるとメールでお知らせしてくれるサービスをしています。「ヘルスケア手帳」←事前にメールアドレスなど登録して、是非ご利用下さい。

1歳半健診は、11月は11/1と11/22、12月は12/13の予定です(11/27現在、予約いっぱいになっています)。3歳児健診は12/16と12/23の午後で、電話予約受付中です。いずれも、市から健診のお知らせが届いた方が対象です。3歳児健診は、保健センターで身体計測・視力チェックなど行ってから電話予約して下さい。

1歳半・3歳健診について

11月になりました。先月から、鼻水・咳、発熱で受診されるお子さんが増えています。流山市の新型コロナ発生報告者数は、まだ1日に多くて2人程度なので、こどもたちの発熱のほとんどが、他のウイルスによるものと考えられます。感染対策を行いながら、小児科クリニックに求められる業務を行うために、診療人数を少なめに設定して待合室での密を避ける、発熱・咳のお子さんは別の場所で待ってもらうなどしながら、診療を続けています。お家の方だけでの来院も、この時期の対応策として行っていますので、症状により判断して、ご都合のいい時間に予約をしてください。診療のウェブ予約は1週間前から可能です。待ち時間短縮のため、症状メモの持参をお願いします。

1歳半と3歳の健診は、流山市では保健センターで行われていましたが、コロナ対策として、2020年11月から2021年3月まで、クリニックで行われることになりました。11/1(日曜日)に1歳半健診を行いました。次は12/13(日曜日)を予定しています。予約がいっぱいになってお断りすることになった場合は申し訳ありません。インフルエンザワクチン接種が12月末で終わったら、平日の診療時間にも、もう少し時間に余裕ができると思います。

★★12月末に、1歳半・3歳健診の時間を設けることにします。当院かかりつけで希望の方は電話で申し込んで下さい。

予防接種の接種間隔についての決まりが2020年10月から変更されます。

<生ワクチンを受けると、4週間は次のワクチン接種が受けられない>
<不活化ワクチンをすると、1週間は他のワクチンができない>

という接種間隔の規則が、10月から大幅に変更され、

<<注射の生ワクチン同士は4週間の間隔を開ける>>
<<他の組み合わせでは翌日投与も可能>> となります。

そろそろ始まるインフルエンザワクチン接種ですが、昨年度までは生ワクチンを受けると4週間待たなければインフルエンザワクチンができませんでしたが、インフルは不活化ワクチンなので、どのワクチンを受けても、翌日にはインフル接種が可能だし、インフル接種翌日に他のワクチンを受けることもできます。同時接種はどの組み合わせでも、従来通り可能です。

ただし、<<同じ種類>>のワクチン接種の場合は、これまで通りの接種間隔を開ける必要があります。ヒブーヒブ4週間、肺炎球菌ー肺炎球菌4週間、ロターロタ4週間、4種混合ー4種混合3週間、日本脳炎ー日本脳炎1週間、インフルーインフル2週間開けなければいけないので、0歳児の接種スケジュールは今まで通りとなります。

注射の生ワクチンは、麻疹風疹(MR)、水痘(みずぼうそう)、おたふく(ムンプス)、BCGですが、当院では、1歳になってすぐに生ワクチン3種類を同時接種でお勧めしているので、1歳のお誕生日過ぎの予防接種も、従来通りのスケジュールでお勧めします。

常勤事務スタッフが新しく来てくれました。

2019年4月から、新しい事務スタッフが加わってくれて、雰囲気が少し変わりました。
ホームページ、トップページの写真をご覧ください。4月から来てくれた事務さんがいます! わかりますか?小児科医の三輪先生も笑っています。

診療の質を上げることができるよう、がんばります!

生後2か月からのワクチンスタート

まだ小さい赤ちゃんたちを、いろいろな病気から守るワクチン、必要なワクチンを早い時期に受けさせてあげましょう。細菌性髄膜炎の発生は生後2か月から急増し、生後6~8か月でピークを迎えます。ヒブ・肺炎球菌ワクチンの3回の接種は同時接種の場合は生後4~5か月で完了しますが、単独や2本までの同時接種の方では生後5~8か月以降にずれ込みます。免疫獲得が1か月遅れると30~50人の重症細菌性髄膜炎が増え、2か月遅れるとその倍以上増えると報告されています。
初めてのワクチンが生後2か月すぐに予約が入れられない方は、お電話下さい。優先して予約をお取りします。

2014.11.17 流行中のRSウイルス感染症について

●今年は9月末からRSウイルス感染症の流行が始まり、細気管支炎を起こして入院治療が必要になる子が何人かいました。RSウイルス感染症は2歳までにほとんどの子どもたちがかかります。重症化するのは1歳以下の小さい子どもたちです。みずぼうそうなどと違って、終生免疫はできず、数回かかることがあります。

●現在、流山市内では、水痘・おたふくかぜ・溶連菌感染症の流行も続いています。

●これからの季節は、(おなかの風邪、ウイルス性急性胃腸炎などとも呼ばれます)やインフルエンザが増えてくると思われます。規則正しい生活、マスク・うがい・手洗いなどに心がけ、寒い季節を乗り切りましょう。

●予防接種の時、子どもたちが泣かないようにと、いろいろな声掛けを試みています。一番成功率が高いのが、「10数えてる内に終わるよ~」なんですが、先週ワクチンを受けに来てくれた子のお母さんが、「この子、お家でも自分で予防接種ごっこしてるんです、1・2・3・4・5・~10、って。」とのこと(*'▽')。嬉しかったです。

こどもたちの健康を守るために

いつも笑顔で

チームワークを大切に


安心な

心のこもった医療


診療時間

診療時間表

コロナ対策として、安全・安心な医療を提供することを優先し、診療のウェブ予約を中止し、すべての時間帯で予防接種・健診を行う予定です。

現在、午前中や、その他の曜日にも、予防接種の時間を設けております。
診療のお子さんとは時間を分けているのでご安心下さい。初めての方もウェブ予約可能です。

ページトップへ