MENU※タップして開く
logo logo
WEB診療予約
当日 6:30~
予防接種
60日前~
  • ウェブ予約はこちら
  • インフルエンザ予防接種 予診票ダウンロード
  • ロタウィルス予防接種 予診票ダウンロード
  • 問診票ダウンロード

患者の気持ち-おおたかの森こどもクリニック

おおたかの森駅南口から徒歩3分です。
当院の専用駐車場はございません。近隣の駐車場をご利用下さい。

ロタテック ロタリックス

お知らせ

 記事のタイトルをクリックすると内容が表示されます。

学校など集団生活の再開から2週間たちました。

都内では連日20人以上の新規感染者の報告がありますが、ステップ3に移行しました。海外渡航者からの感染増加が懸念されていますが、今のところ大規模なクラスター発生や、学校での集団感染の報告はなく、とりあえずほっとしています。どうぞこのまま、学校・幼稚園・保育園生活が続きますように。今日6/13土曜日、ショッピングセンター3階にランチで行きましたが、各店舗とも行列ができて、以前の賑わいを取り戻していました。

こどもクリニックでは、粛々と日々の仕事を続けています。0歳の時から当院でワクチン・診療を続けていたこどもたちが、年長さんになり、MRワクチン2回目で顔を見せに来てくれて、嬉しい限りです。

またみんな、会いに来て下さいね。

常勤事務スタッフが新しく来てくれました。

2019年4月から、新しい事務スタッフが加わってくれて、雰囲気が少し変わりました。
ホームページ、トップページの写真をご覧ください。4月から来てくれた事務さんがいます! わかりますか?小児科医の三輪先生も笑っています。

診療の質を上げることができるよう、がんばります!

生後2か月からのワクチンスタート

まだ小さい赤ちゃんたちを、いろいろな病気から守るワクチン、必要なワクチンを早い時期に受けさせてあげましょう。細菌性髄膜炎の発生は生後2か月から急増し、生後6~8か月でピークを迎えます。ヒブ・肺炎球菌ワクチンの3回の接種は同時接種の場合は生後4~5か月で完了しますが、単独や2本までの同時接種の方では生後5~8か月以降にずれ込みます。免疫獲得が1か月遅れると30~50人の重症細菌性髄膜炎が増え、2か月遅れるとその倍以上増えると報告されています。
初めてのワクチンが生後2か月すぐに予約が入れられない方は、お電話下さい。優先して予約をお取りします。

2014.11.17 流行中のRSウイルス感染症について

●今年は9月末からRSウイルス感染症の流行が始まり、細気管支炎を起こして入院治療が必要になる子が何人かいました。RSウイルス感染症は2歳までにほとんどの子どもたちがかかります。重症化するのは1歳以下の小さい子どもたちです。みずぼうそうなどと違って、終生免疫はできず、数回かかることがあります。

●現在、流山市内では、水痘・おたふくかぜ・溶連菌感染症の流行も続いています。

●これからの季節は、(おなかの風邪、ウイルス性急性胃腸炎などとも呼ばれます)やインフルエンザが増えてくると思われます。規則正しい生活、マスク・うがい・手洗いなどに心がけ、寒い季節を乗り切りましょう。

●予防接種の時、子どもたちが泣かないようにと、いろいろな声掛けを試みています。一番成功率が高いのが、「10数えてる内に終わるよ~」なんですが、先週ワクチンを受けに来てくれた子のお母さんが、「この子、お家でも自分で予防接種ごっこしてるんです、1・2・3・4・5・~10、って。」とのこと(*'▽')。嬉しかったです。

こどもたちの健康を守るために

いつも笑顔で

チームワークを大切に


安心な

心のこもった医療


診療時間

診療時間表
待ち時間短縮のため、インターネットによる完全予約制にしました。ご協力お願い致します。お子様の症状によっては、電話でご相談下さい。感染防止の観点から、予防接種・乳児健診は一般診療とは別の時間帯に行います。木・日祝日は休診です。

ページトップへ