『生後2か月になったらワクチンデビュー』

はじめてのワクチン外来

2か月のお誕生日にワクチンデビュー!

予防接種の目的は、様々な病気や感染症の予防です。とくに、乳幼児は感染症に対する免疫が未発達のため、ちょっとした病気でも感染すると重症化しやすいのが特徴です。そのため、ワクチンを接種することで免疫をつけておくことが大切です。

予防接種は0歳児に接種するワクチンが最も多く、1歳を迎えるまでには15回以上も接種することになります。ただ、出産した直後で、日々の赤ちゃんのお世話だけでも大変なのに、予防接種のスケジュール管理はとても大変です。

はじめてのワクチン外来

当院では、生後2~3か月のお子さんが人生で初めての予防接種を安心してお受けいただけるための「はじめてのワクチン外来」を実施しています。予防接種のスケジュール管理はもちろん、予防接種に対する不安を少しでも減らし、安心してワクチンデビューする外来です。
はじめて予防接種をお受けになられるときに、実際に下記のご相談をよくお受けします。予防接種に関することならどんな些細なことでもご相談をお受けしています。

予防接種は、ワクチンによって接種する年齢や回数・間隔が異なります。そのため、予防接種を受けるお子さんや保護者の方にあったスケジュールを立てることは、とても大変です。特に0歳で受ける予防接種は種類、接種回数が多いため、できるだけ早く接種することが大切ですが、中には、ついつい予防接種の予約を取ることを忘れてしまうこともあります。当院では、お子さん1人1人に合わせた予防接種のスケジュール管理をお受けしています。

注射の際に少しでも赤ちゃんの痛みを軽減させるために、お母さんの抱っこのまま注射を行います。また、注射部位をアイスノンで冷やしたり、動画流しながら接種することで、痛みを軽減させるよう工夫しています。
当クリニックでは一般小児外来とは時間を分けて予防接種を行うため、発熱や感染症のお子さんと交わることがないので、感染症をもらう心配が少なく安心して受診いただけます。また、予防接種の際に、お子さんの育児や栄養などの心配も相談できます。

予防接種の副反応

副反応とは、ワクチンを接種したときに、ワクチンの効果である「免疫がつく」以外に出てしまう反応のことを言います。熱が出たり、機嫌が悪くなったり、接種した部分が赤くなったりすることがありますが、たいていは数日以内に自然に治ります。はじめてのお注射デビュー外来では、副反応に必要な対処方などについてご説明させていただき、お子さんと保護者の方に安心して接種いただけるようサポートさせていただきます。

当日の流れ

当日の持ち物

※予防接種の説明や副反応の確認が必要ですので、お時間に余裕を持ってご来院頂きます様お願い致します。
赤ちゃんの着替えやおむつ、ミルクなども準備をしておくと安心です。
冬場はタオルケットなどお持ちいただくと寒さ対策になるのでおすすめです。

当日の朝にすること
  1. 赤ちゃんの体調確認
    赤ちゃんの体調に変化がないか確認しましょう。
    体温が37.5℃を超えていると、予防接種を受けることができない場合もあるため、当日の朝に必ず体温を測りましょう。37.5℃を超えている場合は、クリニックまでご連絡をお願い板います。
  2. 授乳について
    授乳はご来院いただく30分前までには済ませておくようお願いします。ロタウイルスワクチンは口から内服するワクチンですので、服用直後に吐いてしまうとやり直しになることがあります。
クリニックに到着したら

受付で予防接種を受けに来た旨をお伝えください。
予防接種の予診票と母子手帳、保険証、受給券をお渡しください。

はじめてのワクチン外来のご予約方法

はじめてのワクチン外来を実施しています。出生した日からご予約が可能ですので、ご希望の方は、WEB予約でご予約をお願いします。もし、ご希望の日時にご予約出来ない場合はお電話頂ければ、出来るだけお越し頂きやすい時間で予約を取らせて頂きます。
※この時間での接種が難しい方は、どうぞお気軽に当院までご相談ください。

はじめてのワクチン WEB予約

定期接種と任意接種

定期接種とは予防接種法に基づいて実施される接種です。定期接種だけでもたくさん種類がありますが、これらは感染力が強く、感染することで重症化しやすい疾患が多いので決められた時期に接種することを推奨しています。対象期間に接種すれば無料になります。対象となるのは、流山市だけでなく近隣の市も予防接種の対象になっています。

任意接種とは、保護者の方が受けるか受けないかを決めるもので、費用も全額自己負担となります。また定期接種の推奨期間を過ぎてから受ける場合も任意接種となります(この場合も全額自己負担です)。定期接種のワクチン群と比較すると重症化するリスクは低いとされていますが、中には重症化する可能性のある感染症もあれば、海外では定期接種扱いとなっているワクチンもあります。そのため可能な限りは任意接種のワクチンも受けられることをお勧めします。

予防接種料金(自費の場合)

ワクチン ワクチン 料金(税込)
ロタウイルスワクチン(ロタテック) 7,000円
ロタウイルスワクチン(ロタリックス) 12,000円
ヒブワクチン 6,600円
小児用肺炎球菌ワクチン 9,900円
B型肝炎ワクチン 5,500円
4種混合ワクチン(DPT-IPV:ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ) 9,900円
3種混合ワクチン(DPT:ジフテリア、百日咳、破傷風) 4,400円
2種混合ワクチン(DT:ジフテリア、破傷風) 3,300円
不活化ポリオ 7,700円
麻しん(はしか)・風しん混合ワクチン(MR) 8,800円
麻しん(はしか) 6,600円
風しん 5,500円
水ぼうそう(水痘)ワクチン 7,700円
日本脳炎ワクチン 6,600円
BCGワクチン 8,800円
おたふくかぜ 6,600円
インフルエンザ 3,800円

生ワクチンと不活化ワクチン

生ワクチンは、実際に生きている病原体の病原性を弱めたものを感染させることで免疫がつけられるようになります。接種回数は不活化ワクチンよりも少なくて済みます。
不活化ワクチンは、病原体に特殊な処理をして作られたワクチンで免疫をつけるのに必要な成分だけを抽出したものになります。そのため体内にウイルスや細菌が増殖するということはないので免疫をつけるために数回の接種が必要となります。

定期予防接種の種類と回数および推奨年齢

ワクチンの種類:〇…生ワクチン、●…不活化ワクチン

ワクチン 接種時期 接種回数
ロタウイルスワクチン(ロタテック)〇 ※ 生後6週から生後32週目まで接種可能。3回目は2回目の接種から4週間以上開ける 3回
ロタウイルスワクチン(ロタリックス)〇 ※ 生後6週から生後24週目まで接種可能。2回目は1回目の接種から4週間以上開ける 2回
ヒブワクチン ● 生後2~4ヵ月の間に3回、12~17ヵ月までに1回 4回
小児用肺炎球菌ワクチン ● 生後2~4ヵ月の間に3回、12~15ヵ月までに1回 4回
B型肝炎ワクチン ● 生後2~3ヵ月の間に2回、7~8ヵ月までに1回 3回
4種混合ワクチン(DPT-IPV) ● 生後3ヵ月~2歳の誕生日前まで 4回
2種混合ワクチン(DT) ● 11歳〜13歳の誕生日前まで 1回
麻しん(はしか)・風しん混合ワクチン(MR) 〇 1歳~2歳の誕生日前に1回、5歳~7歳の誕生日前までに1回 2回
水ぼうそう(水痘)ワクチン 〇 生後12~15ヵ月で1回、その後6~12ヵ月開けて1回 2回
日本脳炎ワクチン ● 3歳の間に2回、4歳の間に1回、9~12歳の間に1回 4回
BCGワクチン 〇 5~8か月未満の間に接種 1回
子宮頸がんワクチン(HPV) ● 12歳から16歳の女子が対象 3回

※ロタウイルスは、ロタテック・ロタリックスの2種類があり、どちらも選べますが、ロタテックの方が少しですが効果が高いという報告があり、当クリニックでは3回投与のロタテックをお勧めしています。

任意予防接種

小児の任意予防接種は次の通りです。費用は、全額自己負担となります。

ワクチンの種類:〇…生ワクチン、●…不活化ワクチン

ワクチン 接種時期 接種回数
A型肝炎ワクチン ● 1歳から接種可能、1回目から2回目は2~4週間の間隔で接種し、その約半年後に3回目を接種 3回
おたふくかぜワクチン 〇 1歳過ぎたら早期に接種、2回目は5歳以上7歳未満の間に接種 2回
インフルエンザワクチン ● 生後6ヵ月以降の全年齢が対象で、毎年流行前の10~11月に接種。1回目と2回目の間隔は2~4週間ほど空ける 13歳未満は2回
3種混合ワクチン(DPT) ● 5歳~7歳の誕生日前までに1回、11歳~12歳までに1回(2種混合(DT)の定期接種を行った方は不要です) 2回
ポリオ(IPV) ● 5歳~7歳の誕生日前までに1回 1回

ワクチンの種類や接種スケジュールについては、下記サイトもご参考になさってください。

WEB予約

当クリニックの予防接種スケジュール

WEB予約

子宮頸がんワクチン

子宮頸がん

子宮頸がんは毎年1万人が罹患し、約3千人が子宮頸がんで亡くなっていると報告されています。近年では、子宮頸がんの患者数・死亡者数が漸増傾向です。年齢別にみるとピークは30代です。20代、30代の女性で子宮頸がんのために妊娠できなくなる女性が毎年1200人います。
子宮頸がんの原因は、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスがヒトの体内に感染することが原因と言われています。このヒトパピローマウイルスは女性の約80%が一生に一度は感染していると報告されるぐらい、日常生活にありふれたウイルスの一つです。ただし、ヒトパピローマウイルスは突然変異によって姿を変えていくことがないウイルスと言われており、ワクチンによって獲得した免疫で感染を予防できます。ヒトパピローマウイルスの中でも特に2つのタイプ(HPV16型と18型)によるものが子宮頸がん全体の50~70%を占めており、そのHPV感染を予防するワクチンが子宮頸がんワクチンなのです。

子宮頸がんワクチンを接種する目的

子宮頸がんワクチンはヒトパピローマウイルス(HPV)に初めて感染することを予防する効果があります。そのため、ヒトパピローマウイルスに初めて感染する前に投与する必要があります。既にヒトパピローマウイルスに感染している場合は、効果がありません。

接種を受ける時期と間隔

接種対象年齢
小学校6年始~高校1年生相当の女子
接種回数
3回
(初回接種を受け、1~2か月の間隔をあけて2回目、初回接種の6か月後に3回目を接種します)
ワクチンの種類

子宮頸がんを引き起こすウイルスにはいろいろな型があります。日本で定期接種として認められているワクチンはサーバリックスとガーダシルの2種類があります。

  • 2価ワクチン(サーバリックス):定期接種(約70%の子宮頸がんを予防)
  • 4価ワクチン(ガーダシル) :定期接種(約70%の子宮頸がんを予防)
  • 9価ワクチン(シルガード9):任意接種(約90%の子宮頸がんを予防)

※9価ワクチンは任意接種のため全額自己負担となります。当クリニックでは定期接種(負担額なし)で4価ワクチンのガーダシルをお勧めしております。

副作用

ワクチン接種後には、注射した部分が痛んだり、赤くなったり、痒みを感じることがあります。一過性で数日以内に軽快することがほとんどです。全身的な副反応としては、疲労感や頭痛、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛などがあらわれることがあります。
まれにショックまたはアナフィラキシー様症状を含むアレルギー反応、血管浮腫が認められることがあります。

子宮頸がんワクチン接種の注意点

子宮頸がんワクチンの接種を検討されている方へ

子宮頸がんは、早期に発見することができれば比較的治療しやすいと言われています。ただし、がんであることには変わりがないため、働き盛りの、あるいは妊娠中や子育て中の女性から、がんが発見されれば、心身に大きなダメージを負います。
子宮頸がんは症状があまり出ないことが多いため、子宮頸がんが発見されたときには、致命的なことも多く、子宮頸がん検診に行くことも大切です。ですが、ワクチンを接種して、感染しない、させないことも大切なのです。子宮頸がんワクチンの接種を迷われている方は、一度当クリニックまでご相談ください。

おおたかの森こどもクリニック
04-7156-2225
院長
森川哲行
(日本小児科学会 小児科専門医/
日本内科学会 認定内科医)
診療内容
一般小児科外来、アレルギー外来、便秘・夜尿症外来、予防接種、乳幼児健診、風邪症候群、インフルエンザ、マイコプラズマ肺炎、溶連菌感染症、胃腸炎 
住所
〒270-0139 
千葉県流山市おおたかの森南1-4-11
ウェルスおおたかの森2F
最寄駅
つくばエクスプレス・流山おおたかの森駅 徒歩1分
アレルギーにお悩みの方はこちら アレルギー専門サイト
…一般小児外来 …予防接種 …乳幼児健診 …便秘・夜尿症外来 …アレルギー外来
※診療受付は終了時間の30分前までです。
【休診日】日曜日・祝日
診療時間 日祝
午前診療
9:00~11:00

9:00~11:30

9:00~11:00

乳児
健診
9:00~13:00

9:00~11:00

9:00~12:30
予防接種
11:00~12:30

11:00~12:30
15:30~16:30

11:00~12:30

11:00~12:30
15:30~16:30

14:00~17:30
午後診療
14:00~19:00

14:00~15:00
17:00~19:00


3歳児
健診
15:30~16:30

14:00~19:00

1歳半
健診
14:30~17:30

14:00~15:00
17:00~19:00
担当医表 日・祝
午前 安齋
岩吉
院長
安齋
安齋
岩吉
安齋
岩吉
院長
飯田
院長
鈴木
午後 院長
安齋
院長
安齋
院長
安齋
安齋 院長
飯田
鈴木
当番医